横浜で屋上の防水工事なら|屋上のウレタン塗膜防水工事は横浜の朝倉塗装へ

ウレタン塗膜防水工事 屋上等に適した防水工事

ウレタン塗膜防水工事とは

横浜の朝倉塗装が行う屋上に適したウレタン塗膜防水工事

ウレタン塗膜防水工事は、屋上やベランダ等での使用に適した防水工事です。
ウレタン特有の伸びと強さで、下地形状が複雑でも継ぎ目のない均一な防水層を形成するのが特徴です。補修も容易です。ウレタン塗膜防水材、プライマー、補強クロス、絶縁マット等の材料を使い、密着工法、脱気工法、絶縁工法などで施工します。



ウレタン塗膜防水工事 絶縁脱気工法とは

従来の防水工事でよくある剥がれ
従来の防水工事でよくある割れ

従来の防水工事でよくある、
「割れ」や「剥がれ」は右図のような仕組みで起こります。



屋上・ベランダ・バルコニーに適した絶縁脱気工法とは

絶縁脱気工法は通気緩衡工法とも呼ばれます。
下地とウレタン防水層(表面)の間にスポンジのようなシートを貼り、脱気筒を設置します。



屋上・ベランダ・バルコニーに適した絶縁脱気工法

下地のひび割れなどの挙動が防水層に伝わらないようになり、防水層にひび割れができるのを防ぐことができます。

下地の湿気や熱で膨張した空気を排出するので、防水層の膨れを防ぐことができます。



ウレタン塗膜防水工事中の様子

屋上・ベランダ・バルコニーに適した防水工事の仕上がり
屋上・ベランダ・バルコニーに適した防水工事の脱気筒設置
ベランダ・バルコニーに適した防水工事の絶縁シート貼り

≫仕上がり 
≫脱気筒を設置 
≫絶縁シート貼り


防水工事のその他施工例はこちら≫

横浜で屋上等の防水工事なら

横浜で屋上等の防水工事をお考えなら朝倉塗装にお任せください。 ベランダやバルコニー、屋上は雨の侵入箇所ですので、しっかりとした防水工事で雨を防ぐ必要があります。 ウレタン塗膜防水工事はベランダやバルコニーなど、狭い場所や複雑な形状でも継ぎ目のない防水層を形成します。 経年劣化で防水効果が失われていく前に、朝倉塗装に防水工事をご依頼ください。 横浜の朝倉塗装で行う絶縁脱気工法(通気緩衝工法)のウレタン塗膜防水工事では、 屋上等でよく見られる膨れを防ぐことができます。 築年数が古い家の、面積の広い屋上で起こることが多い膨れは、 水分が湿気となることで防水層が膨れた結果です。 新築後に防水工事のメンテナンスを行っていない場合には、一度屋上の防水工事をご検討されてはいかがでしょうか。 雨漏りにも繋がる屋上・屋根の防水工事は、丁寧で誠実な施工を心がける当社にご依頼ください。 横浜を中心に、「家を長持ちさせたい」という思いで防水工事を行っております。


トップページ施工例一覧塗装Q&Aプライバシーポリシー
光触媒塗装・コーティング材ハイドロテクトコート珪藻土自然塗料リボス無機質塗料ランデックスコート防水工事
料金表と見積例伝統色直接施工会社案内お問い合わせ